プロフィール

C2398ced

SNS

村上 由美子

OECD東京センター OECD東京センター所長

略歴

上智大学外国語学部卒、スタンフォード大学院修士課程(MA)、ハーバード大学院経営修士課程(MBA)修了。その後約20年にわたり主にニューヨークで投資銀行業務に就く。ゴールドマン・サックス及びクレディ・スイスのマネージング・ディレクターを経て、2013年にOECD東京センター所長に就任。OECDの日本およびアジア地域における活動の管理、責任者。政府、民間企業、研究機関及びメディアなどに対し、OECDの調査や研究、及び経済政策提言を行う。ビジネススクール入学前は国連開発計画や国連平和維持軍での職務経験も持つ。ハーバード・ビジネススクールの日本アドバイザリーボードメンバー。外務省の日米経済研究会、内閣府の「女性リーダー育成に向けた諸外国の取組に関する調査研究」企画委員会、経済産業省の電力・ガス基本政策委員会など、いくつもの政府委員会で委員を歴任。著書に「武器としての人口減社会」がある。

セッション

ESG投資はなぜメインストリームになれたのか?今後どこへ向かうのか?

FinTech for the Common Good: Aging and Innovation

Breaking down digital tax conundrum: Why is it good for innovation?