プロフィール

ピーテル フランケン

ASEAN Financial Network (AFIN) / APIX Platform アドバイザー

略歴

フィンテックのパイオニアであり、多くの業界初のディープテックイノベーター。
金融サービス業界で30年間活動し管理、フィンテック、イノベーション、大規模なDXを専門。
シティグループ、新生銀行、アプラス、マネックス証券、マネックスグループなどの業界のリーダー、経営幹部および役員を歴任し現在はマネックスグループ(日本)、ModuleQ.AI(米国)、EmeradaCo(日本)、AFIN / APIX(シンガポール)、市民が調達した環境に関するオープンデータで絶賛されているグローバルNPO、SAFECAST.ORGにおいて活動中。
シンガポール金融庁(MAS)のInternational Technology Advisory Panel(ITAP)のメンバーでもあり、MAS(シンガポール金融庁)、IFC /世界銀行、およびABA(ASEAN Banking Association)は、アジアおよびその他の発展途上地域全体でDXを加速し、金融包摂を促進し、FinTechsと金融機関およびAPIXプラットフォームの運営者間で発生するギャップを埋めることに注力しています。
デルフト大学(オランダ)でコンピューターサイエンスの修士号を取得し、現在は慶應義塾大学(日本)の客員教授、MITメディアラボ(米国)の研究者であり、市民科学、IoT、ブロックチェーンテクノロジーの研究に貢献しています。

セッション

Building the digital financial infrastructure in japan

セッション動画

概要

As the 3rd largest economy in the world, all eyes are on Japan and its renewed aspirations to become a thriving Financial Center. Japan’s digital journey will play a key role in the future of its Financial Infrastructure: the digital ambitions of PM Suga, the impact of COVID on digital priorities, going cashless, CBDC, crypto exchanges, FinTech ecosystem, cultivating local and global talent, neo banks, open banking, regional and global competition and regulatory innovation. Join us live from Tokyo to learn the views of three celebrated thought leaders covering the entrepreneurial, regulatory and economical views on going digital in Japan.

登壇者

モデレーター

開催日時

2020年12月08日 午後12:45 - 午後01:30 JST

Beyond Banking API, from insurance, securities to financial inclusion